MIYAMOBI

おすすめスポットSpot

瀧神社

  • 歴史・文化

かやぶき屋根のお堂と四季折々の風景が美しい神社

室町時代初期の貞治5(1367)年に創建されたとされる瀧津彦命(たきつひこのみこと)を祀る村の鎮守です。大野ダムの建設により現在の場所へ移築され、地元の人たちからは「瀧明神(たきみょうじん)」という名称で親しまれています。鳥居の横にあるかやぶき屋根のお堂を、春には桜、秋には紅葉が彩り、趣のある佇まいを楽しむことができます。

おすすめポイント

神社とお堂の間にある斜面には、樹高30メートル、幹周5メートルの大きなカシの木があります。ユニークな形をした幹とその下にそっと佇む石仏もぜひ探してみてください。

営業時間拝観自由
入館料
駐車場
wifi

MIYAMOBIを予約する

ご予約をWebフォームから受け付けています。